資金調達の方法

資金調達の方法



 

 

これから起業をするなら、キャッシュフローを考えて資金調達も検討しているかもしれません。
具体的な資金調達の方法はいくつもあります。すべてが利用できるとは限りません。なので、選べないほどと検討した方がいいですよね。

 

また方法によって手続きに時間がかかる場合もありますから、開業までの資金調達計画を立てておくことをお勧めします。
さて、資金調達の方法をいくつか紹介しましょう。利用できるかどうかを考えてみてください。

 

 

一番簡単なのは自己資金や親せき、親などから借り入れです。もちろん、親から借り入れる場合でもしっかりと返すことを前提としなければなりません。
開業のための資金調達。お小遣いをもらうような感覚ではいけません。
親せき間での借金は後からトラブルになりやすいですから、必要な書類を作成しておくことが重要。

 

事業がうまく行かず返せなくなった時に、兄弟間で喧嘩状態になる人もいます。結果オーライもありますけどね。
そのようなトラブルを避けたいなら、民間の銀行に融資の相談をしましょう。

 

 

 

起業に対する融資相談は専門のスタッフがいますから、ダメもとで話してみることが重要です。
この場合、最低限の事業計画などを作成する必要があります。何か形で作成すればいいのかも合わせて相談してみるといいと思います。

 

返済は長期にわたりますから、事業計画もそれに合わせて作成することになります。
銀行が融資をしてくれるかどうかは、それぞれに判断されますから、すべての銀行が同じ条件とはなりません。

 

 

開業資金の場合は不透明な部分が大きいため、現実的には非常に厳しいと考えておかなければなりません。
追加の資金調達の場合はこれまでの実績を踏まえた判断になります。

 

政府が運営している日本政策金融公庫では、比較的低金利で資金調達が可能です。
ただ、事業計画をしっかりと作らなければなりません。

 

 

 

融資の内容にはいくつかの種類がありますから、資料を取り寄せたりインターネットで調べたりするといいですね。
同じように地方自治体でも中小企業を対象とした融資制度を行っているところが少なくございません。

 

おのおのの自治体で内容が異なります。
詳しいことを調べた上で指揮調達が可能かを考えてみてください。